Dept. Biochemistry
Dept. Biochemistry

About us

  当講座は、前身である大阪国際がんセンター(旧大阪成人病センター)研究所 生化学部より、2018年4月に株式会社KBBMとの産学共同研究講座として京都大学へ移って参りました。
  現在、樹立培養細胞株に代わる新しい細胞培養の手法として"3次元オルガノイド培養法"がメインストリームに乗りつつあります。我々の研究室でも2011年、時代に先駆けてCTOS法(Cancer Tissue-Originated Spheroid法)を開発し、癌オルガノイド研究を牽引してきました。 CTOS法を利用した“癌バイオロジーの研究”および“薬剤スクリーニング法の確立と応用”を2本の柱とし、様々な臓器の癌を対象とした基礎研究からトランレーショナルな研究までを幅広く行っています。
  

News

大学院生 田中君の博士論文 Heterogenous chemosensitivity of a panel of organoid lines derived from small cell neuroendocrine carcinoma of the uterine cervix がHum Cell誌に掲載されました。   
研究論文 A small subset of Wnt‐activated cells is an initiator of regrowth in colorectal cancer organoids after irradiation が Cancer Science誌に掲載されました。   
米国FDA, National Center for Toxicological Researchとの共同研究 Outgrowth of erlotinib-resistant subpopulations recapitulated in patient-derived lung tumor spheroids and organoids が Plos One誌に掲載されました。   
京都府立医科大学皮膚科学講座との共同研究 Novel ex vivo disease model for extramammary Paget's disease using the cancer tissue-originated spheroid method が J Dermatol Sci誌に掲載されました。当講座の近藤が共同筆頭・共同責任著者として参画した研究です。   
大学院生 久保田君の博士論文 Dedifferentiation of neuroendocrine carcinoma of the uterine cervix in hypoxia. が Biochemical and Biophysical Research Communications誌に掲載されました。   
大学院生 萩原君の博士論文 Hydrodynamic stress stimulates growth of cell clusters via the ANXA1/PI3K/AKT axis in colorectal cancer. が Scientific Reports誌に掲載されました。   
Review論文 Application of Cancer Organoid Model for Drug Screening and Personalized Therapy. が Cells誌に掲載されました。   
8.11.20 論文 High-throughput screening in colorectal cancer tissue-originated spheroids.がCancer Science誌に掲載されました   
クリニカルバイオリソース研究開発講座 設立